バレンタインまでには彼女が欲しい!

いろいろなチョコレート

 

 

バレンタインは多くの男性にとって重大なイベントの1つです。中には全く気にしない男性の方もいますが、やはりチョコレートを全くもらえないと虚しさを感じるものです。

 

そもそもバレンタインデーは日本のお菓子メーカーが考え出した販売戦略の1つです。それが徐々に社会に浸透し、全国に広まりました。今では恋人や好きな人にあげるだけでなく、職場の女性が男性に対してあげるのが常識のようになっています。

 

そのため仕事をしている女性はバレンタインが近づくと、チョコレートの準備が大変です。男性も職場に女性がいれば、最低でも1個はもらえますので、それでひとまずホッとする人もいます。

 

また、職場に男性しかいなかったとしても、生命保険の外交員や取引先の女性からもらうチャンスがありますので、社会と繋がりがあれば、必ず1個は手に入ると言って良いでしょう。

 

しかし、本当はそれでは物足りないという人が多いのです。義理チョコは誰でももらえますが、本命チョコは恋人同士でなければもらえません。また、告白されてもらうケースもありますが、それは稀です。

 

本命チョコは義理チョコと比べるとグレードが上ですし、全くの別物と言って良いでしょう。

 

確かに義理チョコはもらえないよりは嬉しいのですが、できれば本命チョコが欲しいというのが本音なのです。そこで恋人がいない男性は、彼女が欲しいと思うようになります。

 

たかがチョコレートですが、それは心がこもったプレゼントですので、大きな価値があるものなのです。


バレンタインデーとは?

本来、バレンタインとは、どのようなイベントなのでしょう?

 

バレンタインデーの発祥については、古代ローマ帝国のユノの祭日が起源だという説が有力です。ユノの祭日とは、268年にローマ帝国で兵士たちの婚姻を禁止していた皇帝のクラウディウス2世に対して、キリスト教の司祭だったウァレンティヌス(バレンタイン)は、兵士たちを哀れに感じて、内緒で結婚式を行っていました。

 

それが皇帝であるクラウディウス2世の怒りに触れて、ウァレンティヌス(バレンタイン)は処刑されてしまいます。その日は古代ローマ帝国のお祭りの1つであるルペルカリア祭(2月15日)の前日である2月14日に行われ、その日はユノの祭日と呼ばれるようになりました。

 

ユノとは、神の女王、または家庭や結婚の神と言われています。この2月14日は、このような経緯からキリスト教徒にとって恋人たちの日となりました。

 

そのため聖バレンタインデーは、もともと欧米では恋人や夫婦が愛を確かめ合うために贈り物をする日でした。

 

日本でバレンタインが知られるようになったのは、神戸市のモロゾフというお菓子会社が初めてバレンタインチョコレートを発売したことがきっかけです。女性が男性にチョコを送る日というのは、日本のお菓子メーカーが考えた販売戦略なのです。

 

戦後になると、不二家や森永製菓などの大手メーカーも次々とバレンタインデーに向けて様々なキャンペーンを展開するようになりました。それに加えて、女性雑誌などのメディアも女性が男性に愛を告白する日として紹介したため、広く世間に知れ渡るようになりました。

 

さらには、全国飴菓子共同組合が「お返しの日」として、3月14日をホワイトデーと名付けて、キャンディーや花束などのプレゼントを贈る日になりました。

 

このように日本がチョコレートなどのお菓子を贈る日になったのは、お菓子メーカーが仕掛けた策略で、それが今日まで発展してきたのです。

 

今は義理チョコが当たり前の時代になりましたので、さらに売上がアップしていることでしょう。また、最近の女性は男性にあげるだけでなく、友達同士で交換したり、自分へのご褒美で買う人も増えてきましたので、どんどん需要が伸びています。

チョコレートにはグレードがある

チョコレートを持つ女性

 

 

バレンタインデーのチョコレートにはグレードがあります。

 

それは義理と本命です。この2つは同じチョコレートでも、どちらをもらうかによって意味が全く異なります。

 

まず、義理チョコの場合は仲が良い異性の友達、あるいは家族・兄弟などの身近な人を対象にしています。気軽にあげることができますが、余りにも身近ですので、照れ臭くて恥ずかしいと感じることもあります。

 

そしてもちろん、義理チョコは職場、クラブ(部活)、サークルの仲間などにもプレゼントします。特に職場ではチョコレートをあげることによって親睦が深まり、仕事を円滑に進める潤滑油のような役割を果たすことがあります。また、職場の人間関係やチームワークを改善する効果もあるのです。

 

日本では数十年前から、職場の女性が男性にチョコレートをプレゼントするのは当たり前になっています。そのため、「プレゼントしないといけない」という義務感を抱いていることが多く、大きな負担となっているかもしれません。

 

それでも職場の雰囲気を盛り上げたり、人間関係を良くするためには大切なイベントと言えるでしょう。

 

これまでご説明してきましたが、義理チョコとは恋愛感情などは関係なく、何かしらの交流がある異性に対して、日頃の感謝の気持ちを込めてプレゼントするものなのです。

 

それに対して、本命チョコは全く別の意味合いを持っています。

 

本命チョコとは、女性が本当に好きな人に1個だけあげるものです。そのため、とても価値があるものなのです。もらえるとしたら、恋愛関係を築いている彼女などに限定されます。女性から告白されてもらうケースもありますが、そのようなサプライズはモテる人でないと、なかなか経験できません。

 

確実にもらえるとしたら、やはり彼女を作るのが一番良いでしょう!そのためバレンタインというイベントも彼女が欲しい理由の1つになっているのです。

 

時々、義理チョコをあげたつもりなのに、自分へ好意を抱いていると勘違いする男性がいます。そんな困った事態を避けるために、「義理チョコ」と呼ばれているパッケージが書かれた商品が販売されていますので、それを上手に活用する人もいます。

 

ところで、本命チョコと義理チョコでは、「女性の思い」も違います。

 

義理チョコはたくさんの人にあげますので、お値段が安いものを選びますが、本命は奮発して高級なブランド品を買います。また、手作りチョコをプレゼントする場合も、本命には名前や愛のメッセージを入れたり、カードを添えることもあるでしょう。

 

それをもらった男性はとても幸せな気分を味わうことができますし、彼女がいるという喜びを実感できます。そのためバレンタインデーは、彼女がいる状態で迎えたいと思うイベントなのです。


関連ページ

甘えたいと思うから!
彼女欲しい理由として、「甘えたいから」という男性もたくさんいらっしゃるようです。特に男性の場合は、外に働きに行っている人が多いため、通勤ラッシュや仕事でのトラブルなどで肉体的にも精神的にも疲れてしまうことが多いのです。そんな時は女性に甘えたいと思うようになります。
一人暮らしが寂しい!
一人暮らしが寂しいと感じている男性は彼女欲しいという気持ちになるでしょう!また、毎日の食事も外食やコンビニ弁当が多くなりますので、健康面が不安になることもあります。そのため彼女ができれば様々な面でプラス効果が期待できるのです。
クリスマス前に彼女を!
クリスマス前になると彼女欲しいという男性が増えてきます。それは、クリスマスという恋人たちの大きなイベントを1人で過ごすのが寂しいと感じることが大きな理由ですが、世間体が気になってしまうという人も多いのです。そのためシーズンが近づくと恋活が盛んになります。
夏は恋人と過ごしたい!
夏は恋人たちが楽しめる様々なイベントや遊びが目白押しです。花火大会、お祭り、海水浴などはもちろんですが、テーマパークなどでもカップル限定のサービスが多いため、男性は彼女欲しいと思うようになります。また、夏は開放的な気分になりますので、ナンパの成功率が高くなる時期でもあります。

トップページ 彼女と出会ったきっかけは? 出会い系サイト 彼女を作る方法や成功のコツ 彼女できない原因は? 出会いない!