クリスマス前には彼女を作って安心したい!

クリスマスの風景

 

 

クリスマス前は、多くの男性が彼女が欲しいと思うようになります!

 

なぜなら、間近に迫ったクリスマスを1人で過ごしたくないからです。

 

日本ではクリスマスを本来の意味とは関係なく、恋人たちのイベントとして捉える風潮があります。そのため1人で過ごすと、「寂しい」「虚しい」「恥ずかしい」などの気持ちを抱いてしまうのです。

 

毎年11月から12月にかけて、恋活パーティーへの参加者が増えたり、出会い系サイトへ登録する人が多くなるのは、クリスマスを一緒に過ごすための彼氏や彼女を作るためです。

 

クリスマスというイベントは、世の中の男性が、「彼女が欲しい」という理由の1つになっています。本来の意味を知らずに、「恋人同士で愛を語り合う日」と思っている人も多いことでしょう。

 

しかし、彼女がいない男性がクリスマスだからと言って、無理して彼女を作ることはオススメしません。なぜなら、懸命になって探しますので、相手のことをよく知らないうちに恋人同士になったり、相手に対しての条件が甘くなることがあるからです。

 

そのようなケースでは交際が長続きせずに、すぐに別れてしまうことが多いのです。結局、クリスマスというイベントで彼女と過ごすという実績を作るために相手を探したということになります。

 

もちろん、中にはそれで満足する人もいらっしゃいますが、やはり、きちんとした恋人と一緒に素敵なイベントを迎えるのが最も幸せではないでしょうか!そのためクリスマスが近いからと言って、焦って彼女を探すのではなく、普段から積極的に恋活に励んだほうが良いでしょう。

 

しかし、そうは言ってもシーズンが近づくと、世間がクリスマスの雰囲気を作り上げてしまいます。街中ではクリスマスソングが流れ、お菓子屋さんではケーキの予約を始めますし、デパートなどでもパーティーグッズを販売します。また、レストランなどではクリスマスにちなんだキャンペーンなどを行いますので、無視できなくなるのです。

 

そのため恋人がいない人には、とても辛い時期です。


そもそもクリスマスとは?

そもそもクリスマスとは、どのようなイベントなのでしょう?

 

調査したところ、「イエス・キリストの降誕(誕生)を祝う祭り」と記されています。また、クリスマスの過ごし方についても、日本は少し変わっているようです。

 

キリスト教信者が多いアメリカには、「a Happy Holiday Season」と呼ばれている時期があり、国全体でクリスマスを祝う風習があります。12月25日は祝日であり、24日の夜は教会に出掛けて礼拝(ミサ)に参加したり、家族や親戚が集まってホームパーティーを行います。

 

そして25日も午前中に教会で礼拝に出席して、午後は家族でゆっくり過ごします。これが一般的なクリスマスの過ごし方です。日本でもクリスチャンであれば、教会へ行ってお祈りをしたり、礼拝に参加すると思いますが、一般の人は全く関係ありません。

 

そのため若者であれば、高校生くらいまでは友達同士でパーティーをやって盛り上がるというパターンが多いのですが、それ以上の年代になると恋人同士でロマンチックな夜を過ごすのが常識のようになってしまっているのです。

 

もちろん、家族で楽しむ人もいます。しかし、なぜか日本では恋人たちの大きなイベントのような扱い方をされているのです。

恋人たちのイベントになったのはなぜ?

幸せそうなカップル

 

 

日本では、どうしてクリスマスが恋人たちのイベントのような位置付けになってしまったのでしょう?

 

日本でのクリスマスの始まりは、1552年にキリスト教を伝えたフランシスコ・ザビエル(ポルトガル人)が、12月24日に信徒を集めてミサを行ったことだと言われています。その後も国内でクリスマスに関するイベントが行われたという記録が残っていますが、江戸時代に入り、幕府がキリスト教を禁止したことから、日本ではすっかりクリスマスがなくなってしまいました。

 

明治時代に入り禁教令が解除されて、再びキリスト教を信仰できるようになりましたので、クリスマス行事も行われるようになりました。

 

特に商業戦略としてのクリスマスイベントが増えてきましたが、文明開化ということで国民が異国への憧れの気持ちが強かったことも、クリスマスが広まる理由の1つだったと思います。

 

銀座の明治屋が商業用ディスプレイとして店頭にツリーを飾ったり、不二家がデコレーションケーキを販売するなど、クリスマスという行事が国民に知れ渡るようになったのです。

 

それからクリスマスパーティーなども全国で盛んにおこなわれるようになり、日本の国民行事のようになりました。

 

そして、恋人と過ごすイベントとして定着したのは、30年前くらいからでしょうか!

 

これには様々な要因がありますが、最も影響が大きかったのは、「山下達郎」や「松任谷由実」のクリスマスソングがヒットしたことだと言われています。曲がラブソングのような内容になっていますので、これを聴いた若者が「クリスマスは恋人と一緒にロマンチックな夜を過ごす」というのが流行るようになったということです。

 

また、テレビの影響もあると言われています。中でも「クリスマス・イブ」という恋愛ドラマがヒットしたことにより、恋愛とクリスマスを結び付けて考えるようになったというわけです。

 

その他には、ホテル、レストラン、テーマパークなどでクリスマスの時期にカップル限定のサービスを始めるなどにより、恋人と過ごすという風潮が根付いたのです。

 

もちろん、どのように過ごそうと個人の自由ですが、世間が勝手にクリスマスを恋人たちのイベントと言って騒いでいますので、彼女がいない男性は、「寂しさ」「虚しさ」「恥ずかしさを感じてしまうのです。

 

とても迷惑なイベントですね。


彼女がいない男性は、どうしたら良いでしょう?

クリスマスツリー

 

 

では、彼女がいない男性がクリスマスが近づいたら、どうしたら良いでしょう?

 

それは、クリスマスというイベントに対して、「真剣に向き合う」「無視する」「逃げる」という3つの選択肢のうち、どれを選ぶかによって変わってきます。

 

まず、「真剣に向き合う」ですが、これはクリスマスというイベントを楽しく過ごすために、彼女を探すことです。急には見つからないかもしれませんが、諦めなければ良い結果に結びつけることも充分に可能です。

 

女性でもクリスマスを一緒に楽しんでくれる彼氏を一生懸命に探している人がたくさんいますので、積極的になれば、他のシーズンよりも見つかる確率は高いと言えるでしょう。

 

彼女を探すときは、自分が納得できる相手を探すようにしましょう。「とりあえず彼女ができればいい」という気持ちで妥協してしまうと、クリスマスが終わった後、すぐに別れることになるかもしれません。

 

ただし、「クリスマスだけの恋人でいい」と割り切って探すのであれば、許容範囲を広げて探しても良いでしょう。

 

次に「無視する」ですが、世の中がクリスマスムードに包まれていても、「自分には何の関係もないし、勝手に盛り上げっていればいい」という考えを持ち、、クリスマスイブの日も普段通りに仕事やアルバイトをして、仕事が終わったら何も気にせず、まっすぐに家に帰ることです。

 

つまり、普段と何も変わらない1日を過ごすということです。

 

クリスマスイブなどは夜遅くまで残業をして、仕事に打ち込んでいれば、あっという間に過ぎてしまいます。ただし、飲食店などで働いている人は、幸せそうなカップルが客として訪れますので、辛い思いをするかもしれません。

 

また、残業で遅くなれば街中に人影がまばらになりますので、カップルとすれ違うことが少なくなり、嫌な思いをしなくて済みます。

 

3つ目は、クリスマスシーズンに日本を離れることです。クリスマスが「恋人同士で楽しむ日」というのは、日本を含めてそれほど多くありません。そのため外国へ旅行に行けば、そのような雰囲気がありませんので、全く気にならないでしょう。

 

しかし、外国に行くのは費用がかかりますし、面倒だと感じる方もいらっしゃると思います!そこで家でじっとして外に出ないという方法もあります。

 

特にクリスマスイブやクリスマスが土日などで仕事がお休みの時は、家で寝ていたほうが良いでしょう。もし、仕事がある日であれば、仮病を使って休みをもらって1歩も外に出なければ良いのです。

 

3つの選択肢がありますが、一番良いのは彼女と一緒に過ごすことだと思います。そのためにも、頑張って素敵な彼女を見つけてください。


関連ページ

甘えたいと思うから!
彼女欲しい理由として、「甘えたいから」という男性もたくさんいらっしゃるようです。特に男性の場合は、外に働きに行っている人が多いため、通勤ラッシュや仕事でのトラブルなどで肉体的にも精神的にも疲れてしまうことが多いのです。そんな時は女性に甘えたいと思うようになります。
一人暮らしが寂しい!
一人暮らしが寂しいと感じている男性は彼女欲しいという気持ちになるでしょう!また、毎日の食事も外食やコンビニ弁当が多くなりますので、健康面が不安になることもあります。そのため彼女ができれば様々な面でプラス効果が期待できるのです。
バレンタインで本命チョコ
バレンタインというイベントも彼女欲しいと思う理由の1つになっています。なぜなら、チョコをもらえなかったら、自分はモテない男であると虚しさを感じてしまうからです。もちろん、義理チョコではなく、本命チョコでなければ満足しません。
夏は恋人と過ごしたい!
夏は恋人たちが楽しめる様々なイベントや遊びが目白押しです。花火大会、お祭り、海水浴などはもちろんですが、テーマパークなどでもカップル限定のサービスが多いため、男性は彼女欲しいと思うようになります。また、夏は開放的な気分になりますので、ナンパの成功率が高くなる時期でもあります。

トップページ 彼女と出会ったきっかけは? 出会い系サイト 彼女を作る方法や成功のコツ 彼女できない原因は? 出会いない!