彼女欲しいけど、お金がない

デートをする男女

 

 

「彼女欲しいけど、お金ない」という悩みを抱えている男性の方は、たくさんいらっしゃいます。

 

なぜなら、通常は

女性と交際するとお金がかかる

からです。

 

特にお金がかかるのはデート代です。割り勘であれば良いのですが、もし、彼女の分を負担することになると、2倍の出費となってしまいます。また、デートの時に高級レストランで食事をしたり、料金が高いテーマパークへ行きたいなどと言われると、数万円はあっという間になくなってしまいます。

 

また、彼女ができると、オシャレをしたり身嗜みに気を遣わなければなりません。そのため、場合によっては洋服や靴などを新しく購入する必要性が出てきますし、理髪店に通う回数が多くなることもあるでしょう。そのため予想以上に出費が増えてしまいます。

 

では、お金がない人が彼女を作るには、どうしたら良いでしょう?最善の方法は、お金がかからない彼女を選ぶことです。

 

基本的には、以下の3つの条件を満たしていれば、それほど大きな負担にはならないでしょう!

 

 

★デート代は割り勘でOK

 

★高額なプレゼントを要求しない

 

★デートの場所にはこだわらない

 

 

そのためには恋人関係になる前に、相手を見極める必要があります。お金がかかりそうな女性であれば、交際しないようにしましょう!

 

しかし、彼女欲しいという気持ちが強いと、経済的にきつくても無理して付き合ってしまうことがあります。そうなるとお金を工面するために借金をして首が回らなくなり、結局、交際も破局してしまうのです。くれぐれも無理をしないようにしてください。

 

その他の方法としては、無料で楽しめるデートスポットを探したり、食事も安くて美味しい店を見つけるなどの工夫をして、お金を節約する方法を考えれば、彼女を作って交際することも可能になるかもしれません。

 

ただし、毎回デート場所が同じようなところになると飽きられてしまいますので、注意してください。

 

また、年上女性の場合は、年下の男性に奢ってもらうことに抵抗を感じることが多いようですので、なるべく年上の女性を彼女に選ぶと良いかもしれません。

 

その他の方法として、収入を増やすという方法も考えられますが、それは簡単にできることではありません。今は正社員になるのが厳しい時代ですし、景気も良くありませんので、なかなか収入が増えずに困っている人が多いのです。

 

そもそも簡単に収入を増やすことができれば、「彼女欲しいけど、お金ない」という問題で悩むことはありませんね。


デート代について

定番のデートスポット

 

 

デートにかかる費用には、どのようなものがあるのでしょう?

 

 

・飲食代

 

・テーマパークや遊園地の入場料

 

・映画、コンサート、演劇、イベント、催し物などのチケット代

 

・動物園や水族館の入場料

 

・プレゼント代(※デートの途中で、買って欲しいと強請られることがあるため)

 

・ホテル代

 

・交通費

 

 

これらが一般的にかかるデート代の内訳ですが、共通の趣味があるカップルは全く違うことにお金がかかっていることもあります。

 

例えば、スカッシュ、テニス、ボウリング、ボルダリングなどのスポーツが趣味のカップルであれば、スポーツ施設の使用料、カラオケが好きであれば、カラオケボックスの利用料、また温泉旅行に出掛けるカップルであれば、入浴料や旅館の宿泊代などがかかってくるでしょう!

 

では、デート代の相場はどれくらいなのでしょう?

 

様々なサイトで1回のデート費用についてのアンケートを実施していますが、平均すると、男性が8000円、女性が4000円くらいだと言われています。男性が女性の2倍の費用を出していますが、これは男性がすべての費用を出費していたり、男性のほうが多めに払っているからです。

 

中にはデート代を1円も出したことがないという女性の方も少なくありません。

 

デートのペースを1週間に1回だとすると、男性は毎月32000円の費用が発生することになります!

 

これは大きな負担です。そのため、彼女が欲しくても簡単に作ることができません。

 

デート代を男性が多く負担するのは、昔から社会の常識のようになっています。一般的に男性のほうが給料が高いというイメージがありますので、それだけ多く支払わなければならないと感じていることが多いのです。

 

また、

男性はプライドが高い生物です!

そのため女性に支払ってもらうのは、男として情けないと思うこともあるでしょう!

 

それに対して、女性はデート代は男性が払うのが当たり前だと感じている人が多いのです。

 

これらの理由から、いつの間にかデート代は男性が負担するのが社会の風潮になりました。


デートの出費を抑える方法

手を繋ぐカップル

 

 

デートの出費を抑える方法について考えてみたいと思います。

 

まず、デートの場所ですが、無料で楽しめたり、低料金で済むところを選びましょう!確実に無料で楽しめるスポットは、大自然が広がる海、山、高原、渓谷、湖、川などです。しかし、毎回行くと飽きられてしまいますし、冬になると寒いため、屋外ばかりでは厳しいでしょう!

 

そこで、無料で利用できる施設がオススメです。

 

 

・無料の展望台(東京都庁、カレッタ汐留、渋谷ヒカリエ、文京区シビックセンターなど多数)

 

・全国各地の防災センター(防災体験ができます)

 

・企業のショールーム

 

・無料の美術館や博物館(探せば結構あります)

 

・広くて見所がある公園(葛西臨海公園、水元公園など)

 

・陸上自衛隊広報センター

 

・テレビ局の見学コース(入場料が必要なエリアもあります)

 

・無料の動物園や水族館(大宮小動物園、江戸川区自然動物園など、数はそれほど多くありません)

 

 

デートのたびに、これらの施設に行くのは難しいと思いますので、経済的に苦しい時に利用してみましょう!

 

また、大きなショッピングモールへ行けば、いろいろなお店があったり、様々なイベントが開催されていますので、無料で1日中楽しめますが、お店を回っている時に、彼女が欲しい物を見つけたら強請られる可能性がありますので、気を付けましょう!

 

次に食事代を安くする方法について考えてみたいと思います。

 

まず、最も良い方法は彼女にお弁当を作ってきてもらうことです。これなら食事代はかかりません。

 

しかし、問題点が3つあります。

 

まず1つ目は、施設によっては飲食物の持ち込みが禁止されているところがあるということです。禁止と言っても、こっそり持ち込んでいる人もいますが、やはりルールを守ってデートを楽しみたいと思いますので、事前に確認することが大切です。

 

また、周りの目も気になり落ち着いて食べることができませんので、禁止されているのであれば、持ち込みは避けたほうがよいでしょう!

 

2つ目のの問題点としては、食べる場所が見つからないことがあるということです。ショッピングモールなどへ行けば、フードコートを利用することができますが、施設よっては休憩所がなかったり、公園などではベンチが空いてないこともありますので、場所の確保に苦労することがあります。

 

やむを得ない時は、芝生などの上で食べられるようにシートなどを持って行きましょう!

 

そして、3つ目の問題点は、お弁当を持ち運びしなければならないことです。ドライブなどであれば車に乗せればよいのですが、交通手段が電車やバスの場合は食べ終わるまで手で持って歩く必要があります。

 

特に満員電車では、せっかく作ったお弁当がつぶれてしまわないか心配になることもあります。容器に入っていれば良いのですが、ラップなどで包んだおにぎりやサンドイッチなどは、つぶれやすいので要注意です。その他には、夏の暑い日などはお弁当が傷みやすいという問題も忘れてはいけません。

 

このように彼女にお弁当を作ってもらう時はいくつかの問題点がありますので、これらを考慮してデートのプランを考えましょう!


お金がかからない彼女を選ぶ方法

 

 

お金がかかる彼女と交際すると、出費が嵩んであなたの生活が苦しくなってしまいます。「彼女欲しいけど、お金ない!」という方は、お金がかからない相手を見つけることが大切です。

 

お金がかからない相手を選ぶには、基本的に年上のほうが良いでしょう!それは女性側からすると、男性であっても年下からお金を出してもらうのは気が咎めるからです。

 

人それぞれ考え方が違いますが、やはり性別に関係なく、年下の相手に甘えるのは後ろめたさを感じるものです。そのため年上の彼女のほうが出費が少なくて済む確率が高いと言えるでしょう!

 

また、お金がかかる相手であるか見極めるには、2、3回デートしてみればわかります。

 

その見極め方法についてお伝えします。

 

相手のデート代を払おうとした時の反応をチェック

デートでは食事代など、様々なお金がかかります。その際に相手に対して「食事代を奢ります」と言って、どのような反応をするかチェックしましょう!「私の分は自分で払います!割り勘にしましょう」という相手であればOK、逆に「ありがとう!ご馳走様」という相手はNGです。

 

自分で払う意思表示を見せることなく、「ありがとう!ご馳走様」という相手であれば奢ってもらうのが当たり前のように感じていますので要注意です。その後のデートでもあなたは必ず相手の費用もすべて負担しなければならなくなります。

 

また、あなたが食事などの会計の時に、相手に奢るような素振りを一切見せることなく、毎回きっちり割り勘で自分の食事代だけを払うのも良いでしょう!そうすると相手が「ケチな人」と思って、あなたから離れていくかもしれません。

 

もし、相手があなたから離れていったのであれば、奢ってもらうのを期待している人ですので、交際したらお金がかかります。早いうちに交際をやめたほうが良いでしょう!

 

行きたい場所を聞いてみる

相手に行きたい場所を聞いて、高額な入場料がかかるテーマパークなどの名前が挙がったら、お金がかかると思って良いでしょう!海や山などと答えれば大丈夫です。

 

海や山であれば交通費くらいしかかかりませんし、それで満足してくれるのであれば万々歳です。

 

また、入場料が高いテーマパークに入ろうとした時に、「高そうだからやめよう!」と言って入るのをためらう女性であれば完璧です。交際してもお金に苦労することはないでしょう!

 

我儘を言うかどうか

デートの時にお店に立ち寄って商品を眺めて、「これ欲しい!買って」などと駄々をこねる相手は言うまでもありませんが、お金がかかります。交際は避けたほうが良いでしょう。また、「あれ食べたい、これ食べたい」という女性も同じです。

 

費用を節約したデートでも、我儘を言わずに付いてきてくれる人がベストなのです。食事の場所なども「牛丼屋や立ち食い蕎麦でもいい」という女性であれば、言うことありません。

 

彼女欲しいけど、お金ないという人でも工夫すれば、何とかなるものです。なるべく費用をかけないデートプランを考えるようにしましょう!


関連ページ

モテない
「彼女欲しいけど、モテない!」という方もいらっしゃると思います。そこで、モテるための秘訣についてお伝えしています。「外見が悪いし、お金も持っていない」という人であっても諦める必要はありません。発想を変えるだけで素敵な彼女ができるようになります!
忙しい!
社会人になってから彼女欲しいと思っても、仕事が忙しくて、なかなか作る時間がありません。しかし、そんな中でも工夫すれば、様々な方法で彼女を作ることができます。忙しいのであれば、通勤時間や仕事の休み時間などを上手に活用しましょう!
出会いない!
「彼女欲しいのに、出会いない」という人は世の中にたくさんいます。もはや恋人がいない若者の口癖のようになっている言葉です。しかし、人それぞれ「出会いない」の意味が異なります。中には「女性がいるけれど、いい女がいない」という意味で使っている人もいます。高望みばかりするとなかなか彼女はできません。
告白できない
最近は「彼女欲しいけど、告白できない」という男性が増えています。そこで、どのようにしたら告白をする勇気を持つことができるか、お伝えしています。人間は、ここ一番で勇気を振り絞らなければならない時がありますので、様々な場面で役に立つ方法です。

トップページ 彼女と出会ったきっかけは? 出会い系サイト 彼女を作る方法や成功のコツ 彼女できない原因は? 出会いない!