出会い系サイト規制法ってなに?

出会い系サイト規制法とは?

出会い系サイトを使っている様子

 

 

世の中が情報化社会になるにつれて、情報の発信源であるインターネットに関連した犯罪も多発するようになりました。そんな中でネットを利用した男女の出会いの場を提供する出会い系サイトでも深刻な問題が発生するようになりました。

 

それは児童(18歳未満の少年少女)が犯罪に巻き込まれるケースがあるということです。特に児童買春事件などが急増していたこともあり、平成15年6月に「出会い系サイト規制法」という法律を制定し、児童を守る対策を講じました。

 

その後、事件は減少しましたが再び増加したため、平成20年5月に、「出会い系サイトの事業者に対する規則の強化」と「児童の利用を防止するための民間活動の促進」を内容とする法改正が行われました。

 

これによって、出会い系サイトの運営者は、事業を開始する前に都道府県公安委員会に届出をしたり、利用者の年齢確認作業をこれまで以上に厳格化する義務が生じるようになりました。

 

そのため一般的な出会い系サイトでは、たとえ登録したとしても、年齢認証作業が完了しなければ、サービスが利用できないシステムになっています。

 

また、保護者の方や電気通信事業者(プロバイダ等)は、フィルタリングサービスなどによって、子供が出会い系サイトを利用できない対策を講じるように努めなければならないという条項も制定されました。

 

児童を保護するために様々な手段が講じられているのです。

 

尚、法律では、一般成人であっても出会い系サイトの掲示板などに、児童を対象とした書き込みをすると処罰を受けることがあります。イタズラのつもりで、軽い気持ちであっても決して書いてはいけません。

 

この出会い系サイト規制法について、さらに詳しく解説したいと思います。


目的や具体的な内容

ネットで女の子を見つけた男性

 

 

出会い系サイト規制法が制定された目的は、児童を性交などの相手として誘引する行為を禁止すると共に、出会い系サイトの運営者に対しても規制を行い、出会い系サイトを利用しての児童買春などを含めた犯罪行為から児童を守ることです。

 

サクラを使ったり、迷惑メールでサイトへ誘導したり、不正な請求をするなどの行為を取り締まるものではありません。それらの行為は詐欺罪に該当することがありますが、立証が難しいのが現実です。

 

そのため、出会い系サイト規制法の内容は、ほどんどが児童に関することです。中学生や高校生のお子様をお持ちの方にとっては、心強い法律と言えるでしょう。

 

以下に主な内容をピックアップして簡潔にまとめました。

 

<出会い系サイト規制法の主な条項のまとめ>

1.出会い系サイト(インターネット異性紹介事業)の運営者に関する条項

1.「児童による出会い系サイトの利用を防止するために努めなければならない」と定められています。

 

 

2.インターネット異性紹介事業者は、事業を開始する前日までに所轄警察署長を通じて都道府県の公安委員会に届出をする義務があり、また、同様に事業を廃止した場合も14日以内に届出をすることになっています。

 

 

3.届出をした者は、「自己の名義をもって他人に出会い系サイトの業務(インターネット異性紹介事業)を行わせてはいけない」と定められています。

 

 

4.インターネット異性紹介事業者が広告や宣伝を行う際には、児童が利用してはいけないことを文字や記号などを使って、その旨を明らかにしなければならないと決められています。また、出会い系サイトを利用しようとする者が児童でないことを確認する際にも、児童が利用してはいけないことをウェブページに表示するなどの方法で伝達することが義務付けられています。

 

 

5.利用者がサービスを利用する際に児童でないことを確認することが義務付けられ、2通りの方法が認められています。

 

@「運転免許証」「健康保険証」、その他の当該異性交際希望者の年齢や生年月日、当該書面の名称、発行・発給者の名称がわかる部分の写しの送付、あるいは画像の送信により確認する

 

Aクレジットカードや児童が利用できない方法で料金を支払ってもらう同意を得ること

 

 

6.児童を異性交際の相手として誘引したり、成人に対して児童との異性交際の相手となるように誘う書き込みがあることを知った時は、直ちに削除するなどの方法で、他の利用者が、情報を閲覧できないようにしなければならないと定められています。

 

 

保護者及び電気通信事業者(プロバイダなど)

1.保護者は自動利用制限を有するソフトウェア(フィルタリングサービス)などで、児童による出会い系サイトの利用を防止するように努めなければならないこと。また、電気通信事業者はそのサービスを提供することに努めなければならないと定められています。

 

 

一般成人

出会い系サイトを利用して、児童に対して性交等の相手になるように誘引したり、成人を児童の性交等の相手として誘引することを禁止しています。また、対償のやり取りが絡んでいる異性交際を誘引する行為も禁止しています。

 

例えば、掲示板に以下のような書き込みをしてはいけません。

 

「エッチできる中学生の女の子求む!30歳男性」

 

「私とエッチできるオジサンいますか?連絡待ってます!17歳・高校2年女子」

 

「おじさんとデートしてくれたら好きなもの買ってあげる!女子中学生希望」

 

「3万円でデートしてあげる!15歳の女子高生だよ」

 

 

上記のように、金銭をあげると言って児童に交際を誘ったり、児童に性行為に誘う書き込みは禁止されています。一般成人であっても処罰されますので注意しましょう。


関連ページ

出会い系サイトのサクラ
出会い系サイトのサクラは悪質なサイトに存在する架空の会員で、一般会員にお金を使わせる目的で雇われています。そのためメッセージのやり取りをするとカモにされてしまいますので、メール交換をしてはいけません。当サイトではサクラの見極め方についても詳しく説明しています。
出会い系サイト登録と使い方
出会い系サイトの登録方法と使い方についてご説明しています。サイト内には出会いに繋がる様々な機能があり、きちんと使い方を理解すれば、素敵な恋人を見つけることができます。機能は利用するサイトによって異なりますが、掲示板、プロフィール、日記などは、ほとんど共通しています。
出会い系サイトの料金
出会い系サイトの料金がどのようなシステムになっているかご説明しています。一般的に女性は利用料が無料で、男性がポイントを購入してサイト内のサービスを活用する際にポイントが消費されるシステムですが、サイトによっても多少の違いはあるようです。
出会い系サイトのトラブル
出会い系サイトのトラブルをご紹介しています。全国の消費生活センターには悪質業者による詐欺被害の相談が多数寄せられています。また、会員同士で発生したトラブルもありますが、いずれも注意していれば、簡単に防げるものです。実際に起きている事例をチェックして被害に遭わないようにしましょう。
出会い系サイトの口コミ
出会い系サイトの口コミ情報をお伝えしています。PCMAX、YYC、Jメールなどの日本最大級のサイトを利用した人が、どのような感想を持っているか、生の声を集めてみました。様々なサイトの口コミから、あなたが使いやすいサイトを選びましょう。

トップページ 彼女と出会ったきっかけは? 出会い系サイト 彼女を作る方法や成功のコツ 彼女できない原因は? 出会いない!